【IZONE】大人気ガールズグループIZONEとは?アジアで人気の理由は?

IZONE

今月「好きと言わせたい」で日本デビューを果たしたガールズグループIZONE。
情報番組や音楽番組で目にした方も多いのではないでしょうか。
デビューすぐにオリコン入り、そしてミュージックステーション出演など活躍が目まぐるしいIZONE。
IZONEってどんなグループ?どうして人気なの?という疑問への答えをまとめました。

IZONEとは?

IZONE(正式名はアスタリスクを付けてIZ*ONE、読み方はアイズワン)は総勢12名の日韓合同ガールズグループ。
『Produce48』というサバイバルアイドルオーディション番組から誕生しました。
メンバーは、番組参加96名のうち全12回のエピソードを生き残った、言うならば日韓のアベンジャーズ達。

10月29日に韓国でデビューし、その様子は全世界に生配信されました。

人気の理由を考えてみた!

IZONEを有名にしたオーディション番組『Produce48』

IZONEはサバイバルアイドルオーディション番組『Produce48』で誕生しました。
韓国ではオーディション番組が人気で、ファンが番組を通じてメンバーのことをより知ることができ、またデビュー前にファンベースを築くことができるため、K-POPにはオーディション番組出身のグループも多いです。
現在K-POPの最前線で活躍しているTwiceも『SIXTEEN』という番組で誕生したグループです。

それに加え『Produce48』は、これまでI.O.I.、WANNAONEをデビューさせた韓国の人気番組Produceシリーズと日本の48グループが手を組んだことで、韓国だけでなく日本でも注目度が高かったため、より多くのファンを獲得することに成功したのではないでしょうか。
放送で歌にダンスに苦労したり、言葉の壁がありながらも一生懸命コミュニケーションをとる女の子たちの姿を見て推しを決めた人もいるはず。

またメンバーの中には『Produce48』出演前に、『SIXTEEN』でTwice候補生だったチェヨン 、『アイドル学校』(上位9名はFromis_9でデビュー)の生徒だったユリなど、少なからずファンベースを築いていたメンバーもいます。
もちろん48グループについては言うまでもなく、アイドルに詳しくない人でも名前を知っているくらい、咲良ちゃんは有名でしたね。

日韓合同グループならではの発信力

K-POPでもTwiceが韓・日・台湾、Black Pinkも韓・タイと多国籍のグループは珍しくありません。
多国籍グループの良いところはなんと言っても活動の幅。
IZONEは活動の中でよく「グローバルガールズグループ」という言葉を使っていますが、確かに上記2グループと比べても韓国以外での活動の比率が高いです。

特に日本での活動については知名度のあった48グループの力が活かされていると言っていいでしょう。
咲良ちゃんがDJを務めるラジオ番組『今夜咲良の木の下で』には、IZONEメンバーも登場して日本語で会話を繰り広げてくれました。

これまでJ-POPとK-POPファンははっきりと分かれていた傾向にあったと思うのですが、IZONEを通じて、それぞれの国でこんな子もいるんだ!とか両ジャンルの良さや強さも認め合う風潮が出来てきたのは素晴らしいことですよね。

SNS更新頻度の高さ

IZONEは公式SNSの更新頻度が高いことも特徴です。
Instagramはほとんど毎日更新されており、毎週月曜には「月曜妖精」が登場して、1週間仕事や学校を頑張れるように応援してくれます。

YouTubeでは活動の舞台裏が見られる『ENOZI CAM』が日本語の字幕付きでアップされており、日本のファンもIZONEの韓国での様子を知ることができます。

IZ*ONE 에너지 캠(ENOZI Cam) EP.15

韓国と日本で二度おいしい楽曲

先日「好きと言わせたい」で日本デビューを果たしたIZONE。
通常K-POPグループが日本デビューを果たす場合、韓国で既に人気の楽曲の日本版を作ることが多いのですが、IZONEは秋元康氏プロデュースの完全オリジナル曲でのデビューでした。
韓国の曲を無理矢理日本語にすると不自然になってしまうケースもありますよね。
IZONEはK-POPとJ-POP両方を楽しめるお得なグループなんです!

韓国と日本の楽曲では、曲のスタイルはもちろん、メンバーのパートの振り分けまで違うので、それぞれの違いを楽しんでみてください。

IZ*ONE (아이즈원) – 라비앙로즈 (La Vie en Rose) MV

*「La Vie en Rose」についての詳しい記事はこちら

IZ*ONE (아이즈원) – '好きと言わせたい (Suki to Iwasetai)' MV

*「好きと言わせたい」についての詳しい記事はこちら

一番の魅力は個性豊かなメンバー♡

でも結局、一番の人気の理由はIZONEの個性豊かなメンバーたち。
メンバーのことを知れば、魅力たっぷりな12人全員の虜になること間違いなしです。
ここでは簡単にメンバーを紹介します。(以下年齢順)

クォン・ウンビ(リーダー)

95年生まれの23歳。
IZONE最年長のお姉さんとして、リーダーとして、メンバーをまとめ上げるかっこいいウンビ。
一方でひょうきんなところや、苦手な日本語を喋るときはちょっと遠慮がちになるところなど、可愛らしい面もあります。
舞台に立つと、力強いボーカルとダンススキルでパフォーマンスで大活躍しています。

宮脇咲良

98年生まれの20歳。
ステージ映えするビジュアルセンターの一人。
48グループ時代の経験を生かして、日本でのバラエティ活動では他のメンバーを支えるほか、韓国のバラエティでも積極的な姿を見せて大活躍しています。
YouTubeでゲーム専用チャンネルを持つほどのゲーム好きという意外な一面もあります。

カン・ヘウォン

99年生まれの19歳。
清純な雰囲気のヘウォンですが、メンバーの間でもファンの間でも、食べるのが大好きな不思議ちゃんキャラとして定着しています。

チェ・イェナ

99年生まれの19歳。
アヒルのようなお口が特徴的で、いつも明るく愛嬌のあるイェナ。
IZONEの活動ではラップを担当することが多いですが、実はボーカルもダンスもバランスよくこなせる実力者。
バラエティで見せる面白さとステージでのセクシーな姿のギャップがたまりませんよね。

イ・チェヨン

00年生まれの19歳。
努力家でダンスが得意なチェヨンですが、ボーカルも上手です。
ウンビよりもしっかりしたお母さんのような存在で、同じ宿舎のメンバーに料理を振る舞うことも多いそうです。
日本語も上手で、特にIZONEが誕生してすぐはメンバー内のコミュニケーションをよく手伝っていました。

キム・チェウォン

00年生まれの18歳。
別名サンム(=大根。肌が白いことから)妖精。
女の子らしくて愛らしい顔のチェウォンは日本でも人気が高いですね。
ユリとともにグループを支えるボーカリストでもあります。

キム・ミンジュ

01年生まれの18歳。
IZONEのビジュアルで、メンバーからは顔だけでなく心も美しい人と絶賛されています。
以前は自信がなさそうでしたが、デビュー後自信をつけてますます綺麗になっていくミンジュ。
最近では日本語がとても上達していますね。

矢吹奈子

01年生まれの17歳。
149センチの身長は169センチのウォニョンと20センチ差ですが、ステージではアイドルとして抜群の存在感を見せつけてくれます。
愛嬌を振りまかなくても存在がかわいい!とメンバーからも愛されています。

本田仁美

01年生まれの17歳。
48グループでは選抜メンバーに入ったことがなかった仁美ちゃんですが、『Produce48』で得意なダンスとチャームポイントのほっぺでファンの心を掴みました。
メンバーからは若いのにしっかり者と言われていて、日本の活動でも積極的にメンバーとMCの人の橋渡しをしています。

チョ・ユリ

01年生まれの17歳。
IZONEのメインボーカルで、小動物のようなかわいい顔からは想像できないハスキーな歌声が魅力的です。
釜山出身で、バラエティなどでも話す時に訛りが出ちゃうところもかわいいですね。

アン・ユジン

03年生まれの15歳。
身長169センチのモデル体型で、15歳とは思えない大人っぽい見た目のユジン。
グループではいつも元気で疲れ知らずのいたずらっ子で、ムードメーカーのような存在です。

チャン・ウォニョン(センター)

04年生まれの14歳。
愛嬌たっぷりで、カメラを見つけるとウインクしてくれます。
また韓国と日本のファンだけでなく、海外のファンにも英語でコメントするサービス精神も。最年少でありながらIZONEのセンターを務めるウォニョン、将来もっと大物になりそうです。

コメント